OK-CRAFT

OK-CRAFTSブログ・お知らせ

  1.  > 
  2.  > 
  3. 断熱材の種類とその特性について

断熱材の種類とその特性について

  

セルロースファイバーとその他の断熱材との比較について簡単にご紹介(^^)/

まず断熱材は素材で大きく分けると3分類あり、それぞれ特性が異なります。

 

■自然系断熱材

→結露しにくい/吸放湿性がある/環境負荷が小さい/高価格

(セルロースファイバー・軽量軟質木質繊維ボード・炭化発泡コルク・綿状木質繊維・ウール・コットンなど)

■プラスチック系

→結露しにくい/吸放湿性はない/環境負荷が大きい/高価格

(硬質ウレタンフォーム・押出し法ポリスチレンフォーム・高発泡ポリエチレンなど)

■鉱物系

→結露しやすい/吸放湿性はない/環境負荷が大きい/低価格/施工しやすい

(グラスウール・ロックウールなど)

その中でもセルロースファイバーは断熱性・調湿効果・防虫効果・吸音効果・耐火性など、多くのメリットを兼ね備えていますが、他の断熱材に比べて価格が高いという事です!

また、使い方(施工方法)に注意をしないと、結露やカビなどの原因となることもあります。

 

<理由>
セルロースファイバー自体の値段もそうですが、施工に手間がかかるため施工費が、グラスウールやロックウールと比べて施工単価が高いとされています。

 

様々な断熱材

・グラスウール
吸音材として使用される綿状のガラス繊維。断熱性・吸音性が高いです。グラスウールには調湿効果がなく、製造エネルギーが高い素材です。

 

・ロックウール
玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維です。 建築物などの断熱材や培地として広く用いられるほか、吸音材としても用いられています。 耐火性にも優れています。建築基準を満たすものとされていますが、過熱した際には有害物質が微量発生します。

 

・ポリスチレンフォーム
発泡プラスチック系の断熱材の一種。ポリスチレンを主原料に発泡成型したボード状の断熱材で、吸水性・透湿性・熱伝導率が小さい。簡単に言うと、発泡スチロールのことです。

 

・ウレタンフォーム
ポリウレタン樹脂を主成分とし、発泡させたスポンジ状の断熱材。現場で発泡するため、隙間なく施工することができます。高い耐熱性を発揮し、対応できる温度範囲が広いですが、耐火性能がなく、延焼した際は黒煙を発生します。

 

・セルロースファイバー
天然の木質繊維でできた高性能な断熱材です。新聞紙を主原料とし、難燃剤(ホウ酸など)を添加して製造される。断熱性・調湿効果・防虫効果・吸音効果・耐火性など多くの性能を持ち、環境を配慮し、製造エネルギーを最小限に抑えた、地産地消のエコ断熱材です。